Galle Exhibition

初期のガレ

1880年頃から、ガレのワークショップでは主にブラウン、グリーン、そしてクリアーグラスに、イングレイブしたりエナメル彩をほどこしたり、あるいはイングレイブした上にエナメル彩をほどこしたテーブルウエアーや小さめの花瓶を製作しました。この初期の製作の過程でも、ガレの自然に対する関心は現れています。彼のテーブルーウエアーは、デリケイトなモチーフを繊細にイングレイブされエナメル彩がほどこされいます。その当時の人たちがこれらの繊細なグラスでお酒を飲んだなんて、想像できるでしょうか?

EG-F-025
EG-F-024
EG-F-023
EG-F-021
EG-F-022
EG-F-019
EG-F-020
EG-F-018
EG-F-017
EG-F-016
EG-F-015
EG-F-013
EG-F-014
EG-F-012
EG-F-011
EG-F-010
EG-F-009
EG-F-008
EG-F-007
EG-F-006
EG-F-005
EG-F-004
EG-F-003
EG-F-002
EG-F-001
EG-F-000
Top