Galle Exhibition

歴史
エミール ガレは1846年、ドイツとの国境の近いフランスの東のナンシーで生まれた。彼の父親、チャールズ ガレはガラスと焼き物の工場をマイセンタールの持っていた。エミール ガレは文学、歴史、植物学などを学び、若いうちから才能を現していた。父親も彼の才能を認め、さらに知識を高めるよう彼をドイツに送った。ドイツから戻ったガレは父親の元でしばらく働き、その後マイセンタールへ移った。そこではバーガン シュベール&シイの元で、基本的なガラスの作り方から新しい技法を学んだ。
 
 
ガレはロンドンのサウス ケンジントンミュジアム、ブリティシュミュジアムを訪問した。そこで後の彼のカメオガラスの影響を与えたと言われる、ポートランドの花瓶に出くわしたのである。
 

1870年に勃発したフランスとプロシアの戦争に、ガレはボランティアとして行き、1年後にフランスへ戻った。
1873年、ガレの父親はナンシーに ` La Garenne` と呼ばれる広いにわつきにの巨大な家を建てた。ガレはそこに移り、仕事場を作り、1年後に父親の仕事を引き継いだのである。
`La Garenne`の庭の中で、ガレはナンシーの植物、異国の地から来たエキゾチックな花や庭の虫たちをまるで絵を描くようにガラスに表現しようとしたのである。彼はアールヌーボウの先導者としての地位を高めたのである。

ガレは新作のグラスを初めてパリのエキスポに出展し、4つの金メダルを与えられたのであ る。その後出展を重ねると同時に、新しいガラスの技法を研究を続けたのである。
 
彼はその当時ナンシーに住んでいた、日本人の高島北斎と親しく交流した。そんな彼との付き合いの仲、ガレは日本がどのように自然を愛しその中で一緒に生きるかを感じたのではないだろうか?それが彼の作品にかなりの影響を与えたのだと思われる。
 
1894年ガレは大きなガラス工場をナンシーに建てた。1890年代の初めには、酸を使ってカメオガラスを生産しだしたのである。今日最も人気のあるそして集められているのがこのカメオガラスである。1900年にはガレは高級なガラス製品では最も大きな生産社となり、パリ、ドイツ、ロンドン(サウスモルトン ストリート 13番)などに支店を広げたのである。
 
 
 


ガレが亡くなった1904年以降、ガレ婦人は残されたスケッチやドローイングを元に、ガラスの生産を続けたのである。1914年第一次世界大戦の勃興により工場は閉められ、1918−19年に再開されましたが、1931年に最終的にガレのガラス生産は終わりを迎えました。